「鎌倉インターナショナルFC」法人化のお知らせ

2018年1月より活動して参りました「鎌倉インターナショナルFC」ですが、この度、株式会社化をすることにいたしました。当初よりクラブオーナーを務めてまいりました四方健太郎が代表取締役社長に就任し、吉田健次が同GMに就任いたします。また、クラブ発足時よりバックエンドでデジタル戦略を支援していた西井敏恭が取締役CDO(チーフデジタルオフィサー)に就任します。

 

法人名:鎌倉インターナショナル株式会社

住所:神奈川県鎌倉市大船1-12-10 4F ネクトン大船

ウェブサイト:https://kamakura-inter.com

クラブビジョン:ますます国際化していくグローバル社会において、スポーツを通じて、さまざまな障壁にチャレンジし、世界で活躍できる人材を創出するとともに、ワールドクラスの価値を創造できるプラットフォームとなる。

 

 

<代表取締役社長 四方健太郎 コメント> ※写真中央

2017年に構想が始まり、2018年からクラブをスタートさせて活動してきましたが、活動が多岐に渡り、携わる方々も多くなってきたことで、クラブとしても信用力を高め、さらにステップアップできるように、この度法人化する運びになりました。私自身はシンガポールをベースとしして、日本と往復しながらも「インターナショナル」という名前、ビジョンを体現できるクラブとして発展できるような会社としていきたと思っています。国内外でサッカークラブの経営・運営経験のある吉田GMや、「インターナショナル」とは親和性の高い、デジタルマーケティングのスペシャリストである西井CDOとともに、鎌倉地域、スポンサー企業などのステークホルダーと力を合わせながら、グローバルに、ローカルに、相互に発展するために常に挑戦しつづける存在であり続けたいと考えています。

 

<四方健太郎 略歴>

立教経済学部を卒業後、アクセンチュア株式会社の東京事務所にて、主に通信・ハイテク産業の業務改革・ITシステム構築に従事。2006年より中国(大連・上海)に業務拠点を移し、大中華圏の日系企業に対するコンサルティング業務にあたる。独立後、1年かけてW杯2010年大会に出場する32カ国を巡る『世界一蹴の旅』を遂行し、同名著書を上梓。(あわせて、経済界社より『世界はジャパンをどう見たか?』を上梓。)現在、東南アジアや南アジアなどでグローバル人材育成のための海外研修事業などを行う企業数社を経営。シンガポール在住で日本とアジア諸国をフィールドにしている。

 

 

<代表取締役GM 吉田健次 コメント> ※写真右

私自身、東南アジアそして福岡のサッカークラブでの経験から「インターナショナル」というコンセプトに可能性を感じ、それを信じてこのプロジェクトに参画しました。2018年1月の活動開始以来およそ1年半の活動を通じて、実際にクラブがホームタウンである「鎌倉」という地域にもたらす価値、そして「インターナショナル」×「サッカー」がもたらす魅力を目の当たりにし、当初感じていた可能性は確信に変わりました。このことから、本プロジェクトをより力強く推進する意義があると考え、その手段の一つとして今回法人化を行うこととしました。

 

<吉田健次 略歴>

2014年、31歳でIT業界からサッカー業界へ転身。カンボジアのプロサッカークラブに就職し、営業・広報・試合運営などを兼任するも、半年後に親会社の資金繰りが悪化して存続危機に。臨時的にクラブオーナーに就任し、その年のフンセン杯で3位を獲得。その後、新オーナーと巡り合いクラブを譲渡し、その元でGMとしてリーグ戦年間3位を獲得。2016年、帰国後にアビスパ福岡に就職。企画課課長としてマーケティング、試合運営などを担当し、2017年11月より現職。

 

 

<取締役CDO 西井敏恭 コメント> ※写真左

様々な国で共通言語になっている「フットボール」。南米やヨーロッパだけでなく、アフリカやアジア各国でも、テレビだけではなくインターネットを通じて、世界中でサッカーが盛り上がっています。2年前から四方や吉田と構想していた鎌倉インテルは「デジタル ✕グローバル」をキーワードに、ワクワクするようなスポーツマーケティングにチャレンジしていきたいと思います。熱い応援のほど、よろしくお願いします!

 

<西井敏恭 略歴>

世界一周した WEBマーケティングのプロとして、デジタルマーケティングフォーラム ad:techをはじめ、全国で講演多数。雑誌や新聞、テレビなどのメディア掲載多数。2003年から世界一周の旅に出て、アジア・南米・アフリカ各地でインターネット上に旅行記を更新。さらに2014年に二度目の世界一周をして南極大陸にも上陸。帰国後は起業して、株式会社シンクロを設立とともに、オイシックス・ラ・大地株式会社執行役員CMTをはじめ、複数の企業・団体の役職にも従事。様々な企業にて広告からCRMまで広くWEBマーケティングに取り組む。

NEWS LIST HOME